水道工事に関する資格を有しているかチェック

家庭内の水回りでトラブルが起こった際には、専門の業者に修理などの依頼をしなければなりません。技術がある業者に依頼をしないと、安心して修理や工事を任せられません。その際の判断材料となるのが資格です。

■水道工事業者の技術力の基準

水道 工事や修理を行う業者は指定業者でなければなりません。これは認定試験や講習会を受けることが前提となります。まず指定業者になっていることが大切ですが、ただ業者によっては高い技術力を持つ修理や工事ができるために、水道関係の資格を持っている人材を揃えていたり、資格所有を促しています。そういった人材がいれば、技術が高く、安心して修理や工事を依頼することができます。この点は業者に聞いたりすることでわかります。



■水道関係の資格について

水道関係の高い資格を所有している人材を確保している業者は、技術力の点で高いと判断できます。水道関係の資格としては、1級2級管工事施工管理技士や給水装置工事主任技術者、排水設備工事責任技術者といったものが挙げられます。これら全ての資格を取得している人材を持つ業者は多くはありませんが、できるだけこれらの資格を取得している人材を持つ業者を選んで、修理の依頼をした方がいいでしょう。



■まとめ
水道工事を行う業者を選ぶ時には、まず指定業者であることが前提です。その上で様々な資格を取得している優秀な人材を揃えた業者の中から選択していくようにしたものです。そうすれば工事後も安心して水回りを使用できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ